2009年05月10日

すかがわ国際短編映画祭に行ってきました

先日ブログにも書いたすかがわ国際短編映画祭に行ってきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
午前中ちょっと野暮用があり開催会場の須賀川文化センターに着いたのは12:25分頃で12:30からの加藤久仁夫監督のゲストトークにはギリギリ間に合う時間。

ところが駐車場が満車状態、アルバイトらしき誘導員に促され隣にある須賀川アリーナの駐車場へ、しかしそこもほぼ満杯、なんとか空きスペースを見つけ駐車し会場に着く頃には12:40分でした。


施設の中に入ると受付で出品作品を載せた49ページもある立派なパンフレットを渡せれ急いで上映会場の大ホールに入ると座席は満席通路にも人が溢れていました。


前に書いた記事で「映画祭になかなか人が集らない」と言うような件の記事を書きましたが、申し訳ありませんここで訂正します。

しかし、後で司会の方から今回の映画祭は前例の無い位人が集ったようで、やっぱり「つみきのいえ」の上映と監督がゲストとして来る事の影響が大きかったのでしょう。

えー、話がそれましたが加藤久仁夫監督のゲストトーク、冒頭の部分は聞き逃しましたが監督の人柄や映画に対する思いなんかは感じ取る事ができました。

ゲストトークが終わると短編映画の上映です。

今日の上映本数は全部で13作品、最初に上映されるのは加藤監督の「つみきのいえ」でした。
「つみきのいえ」は、やっぱり素晴らしい作品でした、台詞はありませんが主人公である老人の妻や家族に対する思いや老人の人柄や人生感などを僅か12分程の映画で表現出来るのかと驚きです。
内容も勿論、感動する作品でした。

上映は短編映画を続けて上映しっぱなしにするのではなく、1つの作品が終わると司会者が出てきて次の映画の簡単な紹介をしてまた次の映画を上映いて行くという形で進行していきます。

ところで、司会の方の進行がとてもスムーズでプロの方かと思いましたが実は違うようで映画祭をお手伝いしている一般の人だったみたいです。
(遠目でしたが聞き取りやすい声と風貌は玉置宏さんのようでした)


その他の映画も良い作品多くて、本当は今日上映される作品は全部観て行きたかったのですが夕方から用事があり残り4作品を残し会場を後にしました。



【加藤久仁生プロフィール】

1977年4月24日生まれで鹿児島県鹿児島市出身。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
在学中からアニメーションの自主制作を始めに制作作品で国内の賞を獲得。
卒業後、2001年に映像制作会社ROBOTに入社、キャラクター・アニメーション部アニメーションスタジオケージに所属。
2009年、に『つみきのいえ』が第81回アカデミー賞の一部門である短編アニメーション賞を受賞。

作品
The Apple Incident
或る旅人の日記
セルの恋(NHKみんなのうた)
MY LITTLE LOVER「FANTASY」
MTV “MUSIC FLOWER”
つみきのいえ

ゲストトークでの話で子供の頃は獣医になりたかったそうだが猫アレルギーで獣医になる事は諦めたそうです。


加藤監督の「つみきのいえ」だけは10日にも上映されるので時間のある方は足を運んで下さい!
上映時間は10時からです。



即発送!★アカデミー賞受賞■ポストカード封入■pieces of love Vol.1 DVD【つみきのいえ】08/...



タグ :映画映画祭

同じカテゴリー(映画・TV・芸能)の記事画像
今年の紅白はレベッカを観よう
今夜相棒シーズン14
リンゼイ・スターリング東京公演
SUBARU  WRX STI vs StickBomb
ドラえもんが3DCGになる
八重の桜/第22話「弟のかたき」
すかがわ国際短編映画祭
たけし、24年ぶり
爆笑動画初笑い!
福島こどものみらい映画祭明日開幕!
同じカテゴリー(映画・TV・芸能)の記事
 今年の紅白はレベッカを観よう (2015-12-27 17:33)
 今夜相棒シーズン14 (2015-10-14 19:13)
 リンゼイ・スターリング東京公演 (2015-02-09 23:10)
 SUBARU WRX STI vs StickBomb (2014-12-27 17:48)
 ドラえもんが3DCGになる (2013-11-15 01:56)
 八重の桜/第22話「弟のかたき」 (2013-06-08 21:26)
 すかがわ国際短編映画祭 (2013-05-10 22:13)
 きゃりーぱみゅぱみゅさんのデザインTシャツ (2012-10-19 23:07)
 二本松市で映画「どこへ!」エキストラを募集! (2012-10-14 00:08)
 たけし、24年ぶり (2012-10-01 23:09)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。